フランチャイズと協会ビジネスのハイブリッドがうまくいく(動画付き)

imgres

個人のビジネスを
フランチャイズ化させる
「アントレランド」主宰
相葉光輝 秘書の森本です。

 

兼、師の相葉の提唱するビジネスメソッド
個人のビジネスを黒字化させる
「フォーカスメソッド」を

プロモートしている
FOCUS プロモーターです。

 

皆さんは今日も80%は利益に
繋がる活動をしましたか?

 

師は1日の80%は利益に
つながる活動をしなさいと
言っていますが、

 

もっともシゴトは大人が
寝食を忘れて没頭する遊びなので

 

つい知らずやっているのですがね^^

 

 

さて
相葉は人生を変えるくらいの富を
生み出す構想を創り

 

門下生を次々に豊かにし
そのライフスタイルを大きく
変化させています。

 

では、なぜ師にそのような人生を
変えるくらいの富を生み出す構想が
創られたのか?と申しますと、

 

相葉自身がビジネスを
フランチャイズ化させているから、

 

自分が組み込まれなくても
売り上げが創れ、シゴトを拡大
できるのです。

 

そして、その考えを
うまく活用できると、
会社の分社化やM&Aなども
できるようになります。

 

この辺りの発展の詳細は
ここではお話しませんが

 

(お知りになりたい方は個別相談でどうぞ^^)
↓↓
imasugu_btn2

 

とにかくフランチャイズは
20世紀最も発展した
ビジネスモデルなので、

 

それを個人が使いこなすことこそ
富を無限に生み出すサイクルを
創り上げられるのです。

 

では、どうすればビジネスは
発展するのか?

 

最近ではビジネスを
発展させるためにいきなり協会を
作る人がいますが、
それには反対です。

 

まずは自分のビジネスを
小さく立ち上げ、確立させます。

 

そして、そのビジネスを
伝承できるようにします。

 

例えば、
起業スクールを作ったら、
まず自分で成果を出し

 

その後は自分の事業を実施できる
インストラクターを育てます。

 

そして、それが出来てきたら、
そのビジネスの商標を取得します。

 

そうするとインストラクターにも
価値が付き、他との差別化が
できやすくなります。

 

そして、その後はそのビジネスの
協会を設立しても良いかも知れません。

 

実態があるビジネスは協会にすると
話題になったら集客力もあるので

 

フランチャイズと協会の
ハイブリットを作り上げたら
他と大きく差別化できます。
(相葉が協会を創る時は必ず
この手順を踏みます。)

 

このようにものには
効果的な順序があります。

 

まずは土台(1号店)を
しっかり作らないと

 

自分が組み込まれないで働く
ということは難しいということです。

 

今一度、協会ビジネスと
フランチャイズビジネスの違いを
動画に収めましたので、
ぜひご覧ください。
 
13分ほどお時間ください。

↓↓↓
https://youtu.be/bVYIihE7_gs

フランチャイズビジネスと
協会ビジネスの違いについて

 

 

 

top03