選ばれるセミナー講師になるために 〜見栄えのいいプレゼンをするよりもっと大切なこと〜

プレゼン

セミナー講師は人前で話すのが仕事。

 

聴き手を魅了する話し方、聴き心地のいいトーンやスピード、

相手を不快にさせない自然でわかりやす身振り・手振り

 

これらの事に気を配ることは当たり前の事かもしれません。

 

しかし、もしそこばかりに気をとられ、中身がおざなりになっては意味がありません。

 

 

「きれいな声で、最高の笑顔でつまらない話をして、何の意味があるの?」

 

プレゼンアドバイザーの 野村 尚義は語ります。

 

プレゼン 

あなたがセミナーを開催する目的は

見栄えのいいプレゼンを見せることではなく、

受け手にとって価値ある内容を届け、相手から選ばれることです。

 

多くの場合、本当に売りたいバックエンド商品があると思います。

まずは、選ばれるための設計、戦略を練ることが大事です。

 

 

『 選ばれるセミナー講師になるために 』

① ターゲットにチューニングを合わせる

② 一言で言えてますか?

③ 未来を語ろう

 

 

 

①ターゲットにチューニングを合わせる

 

あなたのセミナーに、あなたの望む人達が集まっているとします。

しかし、相手目線で考えず、自分本意の伝え方になっていたらもったいないです。

 

具体的に合わせるのは、言葉選びです。

 

相手の立場、悩み、そこにある背景などを想像し

共感する言葉を選択し、伝えましょう。

 

 

②一言で言えてますか?

 

「あなたの肩書き、自分のビジョン、今回のセミナーでお伝えすること」

をあなたは一言で言えますか?

 

一言で言えないと言うことは、

明確になっていない可能性が高いです。

 

「いろいろ伝えてくれたけど、ポイントがイマイチわからなかった」

と言われないように、

自分が伝えたい事を常に一言で言えるようしておきましょう。

 

一言で言えるようになると、覚えてもらいやすく

 口コミの増加にも繋がります。

 

プレゼン② 

③未来を語ろう

 

あなたのセミナーでは、セミナーの先にある未来を伝えていますか?

 

知識やノウハウを伝えるだけでは、

参加者をあなたの虜にするのは難しいです。

 

そのセミナーを参加するとどうなるか?

だけではなく、

 

そもそも、なぜそのセミナーを開催しようと思ったのか?

 

あなたの想いやビジョンを語りましょう。

 

あなたの想いやビジョンを語るとき、参加者はあなたのファンになります。

 

 

まとめ

 

外面を整える前に、

本来の目的に立ち返り、選ばれるための価値あるセミナーを設計しましょう!

 

 

登録するだけで手に入る!! 

5大特典を受け取るのは下記をクリック!!

 12884477_1018962414843897_856817052_n