自分のビジネスをフランチャイズ化する本当の意味とは? :: アントレランドー個人で行うフランチャイズモデル

自分のビジネスをフランチャイズ化する本当の意味とは?

item3.jpg

個人のビジネスを

フランチャイズ化させる
フリーランス創造作家
相葉光輝です。

 

フランチャイズのイメージは
加盟金を収めるとか、
ロイヤルティーがかかるとか、
本部が儲けているとか
マイナスのイメージを持つ方も
少なくありません。

 

しかし、
本来のフランチャイズ
というのは、

 

加盟店は、本部の
ノウハウや事例を活用できる
というもので、

 

本部は加盟店の力を借りて
一気に自分たちの事業を
拡大することができて、
ブランド力を大きく
向上することができます。

つまり、
魅力的なビジネスであれば、
本部も加盟店も豊かになる
素晴らしいモデルなのです。

 

よって、一番大事なのは
より魅力的な「本部創り」と
その本部が運営する
「商品・サービス」に魅力が
ないといけません。

 

フランチャイズ本部は
「儲かるから加盟しましょう」
という形のビジネスではなく、

 

「ぜひ加盟したい!!」という
商品・サービスを作る必要が
あります。

 

そんな中、大手や中小企業は
どうしてもしっかりとしたものを
創ろうとしてしまうので、

 

設備投資がかかるビジネスを
作る傾向があります。

 

ある程度、加盟店を募集するときに
しっかりと見せることを考えると
そこにお金もかかってきます。

 

ですが、加盟する立場からすると
できるだけ安くて、利益が出せて、
さらに社会性が追求された意味のある
フランチャイズ本部であることが
大事になります。

 

そう考えると初期投資が少なくて、
まだ誰もやっていない個人の
「オリジナルのビジネス」が
あったら、

 

それを広げていくことに時間と
お金を使ったほうが効率的に
事業拡大が可能です。

 

なぜかと言いますと、
最初のうちは複数の目で見直し
改善することが本部の大きな
資産になるからです。

 

最初から本部の言うことは聞いて
くださいという本部や協会の方が
しっかりしてそうに見えますが、

 

この時期の本部は臨機応変に
進化していける本部の方が発展します。

 

また本部も社員を雇って
教育するという手間を省きながら、
同じ志を持ったオーナー様と
二人三脚で事業の発展を
行うことができます。

 

今はまだあまり注目されて
ませんが、コストや進め方の
モデルを見ても、近い将来個人が
起業する際にフランチャズの
仕組みを 作っていくことが
常識になっていると思います。

 

もしこれから個人のビジネスを
広げて行きたかった場合、

 

社員を雇うのではなくて、
お金を頂きながら自分の分身を
育てていくことをお勧めいたします。
 

 

 

 

 

 

 

バナーオレンジ.001