どうやら皆さんは2018年を甘く見ています。 :: アントレランドー個人で行うフランチャイズモデル

どうやら皆さんは2018年を甘く見ています。

2018-text-1367X593.jpg

どうやら皆さんは2018年を甘く見ています。

楽に勝つために波に乗るには大局観を持つことが大事です。

 

その上でこれからの日本を予測した時にまずは、
もうすでに予測できる大きな動きを第一に把握することが重要です。

これから起こる大きな動きは下記の通りです。

 

1.大阪万博予定(2018年秋)
2.憲法の改正(2019年春くらい)
3.元号変更(2019年春)
4.消費税10%(2019年秋)
5.東京オリンピック(2020年夏)

 

ここで容易に考えられることは、憲法改正、消費税増税、
オリンピック前に国が不景気になってしまったら、
全ての批判が政府にきて政策が実行できなくなる可能性があります。

 

だから日本政府としては、2018年を絶対に不景気にできないんです。
東京都都知事をクビになった舛添さんもラジオで言ってましたが、

世の中が不景気だから恨み、妬み、嫉みのはけ口を探していて、
だから犯人探しのように槍玉にあげられたと話していましたが、

もし景気が良かったらファーストクラスでの海外研修もあそこまで
言われなかったでしょうし、舛添さんがまだ都知事をやっていたと思います。

 

このように不満を爆発させると、憲法改正、消費税導入も反対の力も
大きくなりますし、

そもそも元号変更することで、印刷物などの全ての表記が変わり、
いろんな元号を印刷された商品を新しく作り直す必要が出てきますので、
自然と景気は上向くのです。

 

このように自然の流れも国の政策も全てはさらに好景気に持っていくための
動きになることが予測されます。

 

そんなことが2018年に起ころうとしていて、こんなチャンスは
もう2度と来ないのです。

 

だから昨年同様の動き方では勿体無いです。

 

ここで結果を出すために今からいくつもの仕込みをしておくことが、
すごく重要なんです。

 

そのためには昨日、プラットフォーム戦略について書きましたが、
この戦略を個人が活かすには、一人一人がもっと貪欲に世の中の
不便を解決させるビジネスに関わることが大事です。

 

ぜひ身の回りにある「不」を見つけて見てください。

 

「不便」
「不満」
「不都合」
「不利」

 

などを解決する商品・サービスを生み出すことができたら、

自分を中心としたプラットフォームが形になる土台ができるので、
実践して見てください。

 

 

 

 

〜加速ルートの乗せ方〜